家を建てるとき、現金はいくら必要なの?

こんにちは。デイジャストハウス鹿児島店の高橋です。👩✨

 

2020年も終わりに近づいてきましたね。

今年は、世界中が大変で日常がいろいろ変わってしまった年でした。

来年はどんな年になるのか、こんなに予想がつかないことはこれまでなかったですね。

コロナウイルス、早く終息してほしいものです。💦

 

今日は、最近お客様からご質問いただくことが多い、

「ローンを組むといっても、手出しが必要な現金はいくらなのか。」

ここで少しご説明したいなと思います。

最近は、自己資金なしで家を建てる方が非常に多いのですが、それでもいくらかの現金はどうしても一時的に必要になるケースが多いかなと思います。

 

まず、必要なのが、建物と土地の契約の際の、

「手付金」です。

これは、住宅会社や、不動産屋さん、売り主さん、土地の価格などによって大きく違ってくるので一概にいくらくらいです、とここに明記することはできません。

デイジャストハウスでは、いくらくらいという話はできますので、

お気軽にお問い合わせください😊

 

そして、ローンの手続きに住民票や、所得証明書、印鑑証明書などが必要になりますので、それを役所で取得するための手数料がかかってしまいます。全部で1000円~3000円程かかっている方が多いと思います。

 

また、着工前には「地鎮祭」をされる方がほとんどです。

この費用は、手出しをできるだけしたくないという方は住宅メーカーが立て替えてくれるケースもあると思いますが、大体6万円弱かなと思います。

地鎮祭の設営費用+神主様への初穂料(ご祝儀)+お酒・お米・お塩など

の費用です。

 

上記のように、必要な現金はどうしても出てきてしまうのですが、

その費用は、住宅会社によって、購入する土地によって、かなりまちまちです。

 

おうちづくり検討している方は、

気になっている会社の担当に、

「現金手出しは必要なのか?」「必要なのはどのタイミングか?」

あらかじめ聞いておくことで思いがけない出費をなくすことができると思います。

(営業マンのほうから、ご契約前にその説明をすることは多くないと思いますので😂)

 

 

おうちづくりはほとんどのみなさんが初めてなので、

知らないことが多すぎて不安でたまらないという方、非常に多いのではと思います。

 

デイジャストハウスでは、予約いただいた初日からしっかりとおうちづくりのご説明をさせていただきます。

スタッフ全員がお客様お一人お一人に合ったご提案をさせていただきますし、小さな疑問にもお答えしますので、

ぜひ、わからないことを解決しにいらしてください😊